VIO脱毛したい人必見!メリットとデメリットをまるまる解説!

VIO脱毛のメリットとデメリットをまとめて解説しています!

女性で脱毛に興味のない人はほとんどいません。
ですがワキや腕は人に見られる機会も多いですが、VIOは脱毛した方がいいのか悩む人は多いです。
メリットやデメリットを紹介していくので自分もすべきかどうかしっかり理解しておきましょう。

VIO脱毛をする4つのメリット

VIOは他人に見られるような箇所ではありません。
ですが水着を着た時や温泉に入ったときは人目につくこともありますよね。
また脱毛をすることでムレにくくなるなど、メリットはとても多いです。

どのメリットを感じるかは人それぞれですが、ここではほとんどの人が感じるメリットを4つに分けて紹介していきます。
この4つのメリットのために脱毛するという人がほとんどですよ。

自己処理をしなくてもよくなる

ムダ毛の自己処理が好きな人はいませんよね。
単純に面倒ですし、剃ってもすぐに生えてくるため終わりがありません。

ワキであれば範囲が狭いですし、腕であれば処理しやすいのですがVIOはムダ毛の中でも自己処理がしにくい部位です。

Vラインは左右のバランス、IラインやOラインは直接見えにくいこともあり、自己処理にチャレンジしたものの思うとおりに処理できなかったという方も多いのではないでしょうか。

部分的に見えにくくデリケートな部分なので慎重になりますから、余計にムダ毛処理にも時間がかかります。
合わせ鏡をして処理をする、無理な姿勢で処理をするのが一般的なので首が痛くなることもありますよね。

VIOはしっかりと根付いた濃く太い毛が生えていること、さらに他の部位よりも皮膚がとても薄いこともあり、自己処理は肌に大きな負担になります。

雑菌が繁殖しやすい環境ということもあって、酷くなると毛穴に雑菌が入り毛嚢炎を起こすことや、繰り返し自己処理をすることで肌に負担がかかり、色素沈着などの肌トラブルも招きます。

しかし脱毛をすると自己処理とは無縁となりますから大きなメリットです。
脱毛が完了しさえすればもう手入れをすることはありませんから、面倒な処理や自己処理に伴うトラブルからも解放されます。

清潔になりムレにくくなる

デリケートゾーンがムレて痒くなるという経験は、女性ならほとんどの人が経験しています。
特に生理中にムレてかぶれてしまうという人は多いです。

下着の影響などもあってデリケートゾーンはとても蒸れやすいですが、さらにアンダーヘアには排泄物や生理の経血などが付着しやすく、雑菌が繁殖するには好条件となってしまいます。

自分では衛生的にしているつもりでも、どうしても不衛生になり、かゆみや肌のトラブルを招くことに。

しかしVIO脱毛をするとそんな悩みも格段に減ることになります。
VIOをツルツルにしなくてもムダ毛の量や範囲を減らすことでムレにくくなるのです。
すると清潔ですし、痒みやかぶれといった問題も解消することができます。

生理中ではなくても夏場や睡眠中はムレやすくなるので、肌トラブルからも解消されやすくなります。
また、ムレにくくなるので不快な臭いも軽減することができますよ。

黒ずみの予防ができる

デリケートゾーンが黒ずんでしまうと嬉しい人はいませんよね。
しかも一度黒ずんでしまうと悪化することもあるので、コンプレックスに感じる人も多いのです。

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は刺激です。
刺激を与えることで肌のメラニンが発生して黒ずみの原因となっているのです。

定期的な自己処理は肌への刺激となりますし、ムレて自分で掻いてしまうことも刺激となります。
特に寝ているときは汗をかきやすいのでムレしてしまい、無意識に掻いてしまうという人も少なくありません。

脱毛をしてしまえば自己処理をすることもありませんし、ムダ毛が少なくなってムレる頻度も減るので黒ずみの予防となるのです。
黒ずみ予防クリームを塗っても改善しなかった人でも、脱毛をすると黒ずみが改善することもありますよ。

水着を着る時など!もしもの時も安心できる

水着を着るときや温泉にいくときはVIOの手入れをしますよね。
ですがいつもムダ毛の処理ができるわけではありません。
その場の流れで温泉に行くことになった場合、旅行先で急遽水着を着ることになる場合などもあります。

ですがカミソリがないと処理できませんし、VIOの処理は時間もそれなりにかかるので処理できないこともあるのです。

ですが万が一の場合もVIO脱毛をしていると安心ですね。
手入れをしていないときに限ってそういった機会がありますし、恥をかくこともありません。

長期の海外旅行に行く場合だと事前に処理していても伸びてくるという心配もありますよね。
海外だとカミソリがどこに売っているか分からないこともありますし、VIOを脱毛しているとどんなときも安心できます。

VIO脱毛の4つのデメリット

VIO脱毛は脱毛部位の中でも人気があります。
ですがやっぱりデメリットもあるので、自分にとってもデメリットになるかどうか考えておきましょう。
メリットばかり考えていると「こんな予定じゃなかった」と思ってしまうこともあるので、しっかり知っておきましょう。

お金がかかってしまう

どの部位でもそうですが脱毛にはお金がかかります。
結局はカミソリにしても脱毛クリームにしてもお金がかかるのですが、脱毛は一度に支払う金額が大きくなります。

定額や分割で支払うこともできますし脱毛の値段も安くなってきているのですが、ある程度の金額はかかってしまうことは覚悟しておきましょう。

長い目でみると脱毛した方が金額的にお得になることもありますが、金銭的に余裕がない場合はデメリットにもなります。
できるだけ安い費用でできるサロンやクリニックなどを探しましょう。

ワンコイン脱毛やお試し、キャンペーンなどを利用すると安い金額でもVIO脱毛することができますよ。

施術のときに恥ずかしい

VIO脱毛を躊躇してしまう人のほとんどが「恥ずかしいから」という理由です。
施術してくれるスタッフは女性なのですが、それでもやはり恥ずかしさはあるのが普通ですよね。

施術するスタッフからみると見慣れていますし仕事なのですが、どうしてもこの問題があるので勇気がでないという人も多いです。

ですが紙のショーツを履き、その隙間から処理してくれるサロンなどもあるのでそういったお店ですると恥ずかしさが少なくなります。
また、恥ずかしくてもほとんどの人が2、3回で慣れてきますよ。

施術のときに痛みがある

脱毛をしたことがある人なら分かるでしょうが、脱毛の施術はパチンと弾くような痛みがあります。
ワキや腕なら特に痛みは感じなくてもVIOはデリケートなので、他の部位と比べると痛みが強くなりやすいです。

しかもVIOは他のムダ毛と比べても濃く、太い毛であることが多いです。
そのぶん痛みも強くなりますから少し我慢する必要があります。
もちろん痛みの強さは個人差もありますし、肌の状態にもよります。

ですが「痛くない脱毛」をウリにしているサロンもあるので、痛みに弱いという人はそういったサロンを探すといいですよ。

中には1回のお試しができるサロンなどもありますからまずは試してみるのも手ですね。
痛みに弱いと申告しておけば出力も弱くしてくれるので遠慮せずに伝えるようにしましょう。

脱毛すると元には戻らない

ワキや腕は完全にツルツルにする人がほとんどです。
ムダ毛は1本たりともいらないので、脱毛しても後悔することはほとんどありません。

ですがVIOに関してはツルツルにする人は珍しいくらいで、多くの人が範囲を限定しています。
ツルツルにしてしまった、つい範囲を広くしてしまったという人もいますが、もうムダ毛が生えてくることはありません。

ハイジニーナにしてしまうと、今はツルツルの状態に満足をしていても、数十年後には「やっぱり止めておけば良かった」と気持ちが変わっている可能性もあります。

少しでも迷いがあるのなら、ハイジニーナは避けたほうが良いかもしれません。

もちろんツルツルにしても極端に狭い範囲でも自分が良ければいいのですが、この先5年後も10年後生えてこないということを考えておきましょう。

ハイジニーナまでにはしなくても、IOラインは脱毛をして、Vラインを少し残しておくという方法もあります。
後悔しないようにデザインを決めてVIO脱毛をすることをオススメします。

VIO脱毛はメリットとデメリットを比較してから決断する

脱毛はとても便利ですが、一度やってしまうと毛が生えてこなくなるのでしっかり考えてから行うようにしましょう。
自己処理をしなくてもいい、清潔でムレない、黒ずみ予防ができる、いつでも安心という大きなメリットもありますが、デメリットもよく把握してからだと安心です。

痛みや恥ずかしさは個人差もあるので、自分はどうか考えて紙ショーツを履いたり痛みの少ないサロンを探したりするとデメリットも少なくなりますよ。