高校生の娘の脱毛は注意点を押さえればメリットも豊富

高校生の娘の脱毛は注意点を押さえればメリットも豊富

高校生の娘が脱毛したいと言い出した。
お母さんとしては、綺麗になりたいという娘の気持ちはよくわかるでしょう。
後押ししてあげたいところですが、未成年が脱毛をする際の注意点はきちんと把握しておくことは必要ですよ。

身体が成長しきってからの脱毛がベスト

身体が成長しきってからの脱毛がベスト
多感な時期ということもあって、ムダ毛のコンプレックスを人一倍感じる年齢。
先輩女性として、自己処理の面倒さを身を持って知っているからこそ、脱毛を後押ししてあげたいですよね。

ただ脱毛のタイミングが早すぎると大人へと成長するホルモンバランスの変化で増えていくムダ毛に対し、効果が薄くなったり、完了後に新たにムダ毛が生えてきてしまう可能性も出てくるというのが厄介なんです。

16歳から18歳の女の子って、成長具合にも個人差がありますよね。

だから第二次性徴期を迎えてデリケートゾーンや脇のムダ毛が生え揃い、生理が安定して身長が伸びなくなる頃、身体が大人として安定してきてから脱毛を開始するのがベスト。

高いお金をかけて行う脱毛だから、しっかり効果が得られる状態になってから始めるのが賢いですよ。

日焼け対策を万全に行えるように注意

日焼け対策を万全に行えるように注意
フラッシュやレーザーを使った脱毛で厳禁なのが、施術中の日焼け。

メラニン色素に反応する施術だから日焼けしては脱毛できなくなってしまうし、施術後は肌が敏感になっているのでやはり紫外線に肌を晒すのもNGなんです。

でも高校生って登下校時に日傘を差すのは難しいし、夏場の体育の授業で日焼けしたくないとボイコットするわけにもいきませんよね。

念入りに日焼け止めを塗る、なるべく肌を晒さないように長袖を着るといった配慮ができないと脱毛はもう少し待ったほうがいいでしょう。

肌を守るためのメリットは豊富

脱毛すれば、これから先何年も悩まされる自己処理の負担がとても軽くなるし、カミソリや毛抜きの使用が原因の黒ずみや乾燥からも肌を守れるのがメリット。

だから高校生でも脱毛をしている人は珍しくなくなってきていますし、時間がある高校生のうちに綺麗にするというのも賢い選択です。

効果的かつ安全に施術を受けられるように、娘と保護者、そして脱毛サロンやクリニックのスタッフとしっかりと話し合ってから脱毛を進めていきましょうね。