色素沈着していてもレーザー脱毛を受けることができる?できない?どっち?

色素沈着していてもレーザー脱毛を受けることができる?できない?どっち?

一般的に肌の色が濃いと、レーザー脱毛するのは難しいといわれています。
そのことから「メラニン色素が沈着しているとレーザー脱毛はできないの?」などと思う方は意外と多くいます。

では実際のところ色素沈着している部分にレーザー脱毛はできるのでしょうか?

色素沈着していても濃くなく通常のシミなら問題ない

色素沈着していても濃くなく通常のシミなら問題ない
あなたはレーザー脱毛の仕組みをご存知でしょうか?

医療レーザーは、毛根のメラニン色素にレーザーを当ててメラニンに反応させ、熱によるダメージを与えることで毛乳頭を破壊し脱毛します。

そのため肌のメラニン色素の沈着が酷い場合は危険なため、レーザー脱毛を受けることができない場合は多くあります。
ですが色素沈着していても肌の色がそれほど濃くない場合や、通常のシミなら問題なくレーザー脱毛を行うことができます。

濃いシミがあってもレーザー脱毛は可能だが日焼けが酷いと難しい

濃いシミがあってもレーザー脱毛は可能だが日焼けが酷いと難しい
「ホクロや濃いシミがあると、レーザー脱毛ができないんじゃ」と思う方もいますが、専用のシールなどを貼ることでレーザー脱毛を受けることができます。

ホクロや濃いシミにレーザーが当たると火傷してしまう恐れがありますがシールなどを貼ることでそれらの部分を隠し火傷を防ぎます。

しかし医療レーザーを受ける部分全体が日焼けをしており、その日焼けが酷い場合はレーザー脱毛を受けることは難しくなります。
医療レーザーのパワーを抑えて脱毛できる場合もありますが、パワーを抑えれば当然脱毛効果はかなり低下してしまいます。

レーザー脱毛はメラニンの濃さが影響する

レーザー脱毛はメラニンに反応させて脱毛することから肌のメラニンの濃さが大きく影響します。

色素沈着が酷いほどレーザー脱毛を受けることは難しくなります。
色素沈着が酷いと医療レーザーが皮膚にも反応し、火傷などの肌トラブルが起きやすくなるため日焼けが酷いことでレーザー脱毛が受けられないのは仕様がありません。

ですがレーザー脱毛が受けられなくても他の方法で脱毛することは可能なため、色黒の人で全身脱毛や部分的に脱毛したい方は諦めずに脱毛クリニックに行き相談することをおすすめします。