脱毛豆知識!レーザーと光脱毛の違いについて

脱毛豆知識!レーザーと光脱毛の違いについて

現在、主流となっている脱毛方法にレーザー脱毛と光脱毛の2つがあります。
この2つは似ているようで大きな違いがあるため、脱毛する前にしっかりとその点を把握しておきましょう。
脱毛を始めるときに「思ってたのと違った…」とならないためにも事前に違いを知ることは重要なのです。

実は原理は同じ

光脱毛もレーザー脱毛も基本的には同じ仕組みとなっています。
その仕組みとは「光を照射して毛に含まれるメラニン色素に熱を溜め根本を焼き切る」というものです。
そのため両者は原理的には同じ存在といえます。

ですが仕組みは同じでも、使用する光の波長と出力が違うのです。
この辺りのことをより詳しく知るために光の性質からおさらいしていきましょう。

光の種類はいろいろ

光は一定の周期で振動しているのですが、この振動の周期によって様々な性質を有することになります。
ともかくまずは光の種類についてみていきましょう。

  • 放射線(10nm以下)
  • 紫外線(10nm~380nm)
  • 可視光線(380nm~780nm以下)
  • 赤外線(780nm~100,000nm以下)
  • 電波(100,000nm以上)

※nmはナノメートルという単位です。

実はレントゲンで使われるX線や雨上がりに現れる虹、それから日焼けの原因になる紫外線から体を温めてくれる赤外線、さらには携帯電話で使う電波といったものは全て光(正確には電磁波)なのです。
光が振動の周期を変えるだけでこれだけの性質をもつようになるというのは不思議なことですが、ともかく光にはこうした特長があります。

危険性については短ければ短いほど危険で強く、長ければ長いほど安全で弱いと考えておいて良いでしょう。
そこで気になるのが脱毛機で使われる光の周期です。

脱毛器で使われる光の波長

光の種類はいろいろ
脱毛器では基本的に可視光線及び赤外線を使っています。
紫外線並びに放射線といった危険な光ではないため安全に処理を受けることができるので安心です。
ただ光脱毛とレーザー脱毛では使われる光は異なります。

光脱毛では複数の波長の光を混ぜることが多く、出力できる波長は500~1,200nmのように幅をもっている形です。
光には異なる波長の光を混ぜると拡散するという性質があるので、この性質を利用したものが多いのでしょう。
一般的に出力は弱めで、この弱い出力をカバーするために様々な波長の光を混ぜているのかもしれません。

一方、レーザー脱毛では特定の波長のみを扱います。
1種類ないし2種類の光を強烈に照射することで効率よく熱をためて処理をしていく形です。
使用する波長は810nmや940nm、1,064nmなどとなっています。
基本的に可視光線ではなく赤外線を使い狭い範囲を処理していくことになるのです。

出力にも注目

光の波長については分かりましたが、それと共に問題となるのが出力です。
光には強さがあり、当然の事ですが弱ければ弱いほど影響力は弱く、強ければそれだけ強力な影響を残します。
例えばごく僅かな紫外線は日焼けを引き起こすこともありませんが、超強力な赤外線のオーブンなら肉を焼くことだってできるわけです。

実は脱毛施設には脱毛サロンと脱毛クリニックに大別することができ、サロンでは高出力の機器を扱ってはいけないことになっています。
そのため脱毛サロンと名の付くところでは光脱毛を採用することが多かったりするのです。

そして光脱毛は出力が弱いので、複数の波長の光を混ぜて何とか脱毛効果を得ようと工夫しているのでしょう。
なお光脱毛機器の出力は種類にもよるのですが10ジュール(エネルギーの大きさを表す単位)程度となります。

対してレーザー脱毛機器には40ジュールのものが存在していたりします。
基本的にレーザー脱毛は光脱毛よりも出力が高いといえるでしょう。
なぜなら脱毛クリニックは医療脱毛を行うことができるため、出力の高い機器を導入できるからです。

費用と通う回数の違い

費用と通う回数の違い
光脱毛は出力が弱い機器で処理を行っていくことになりますが、だからといって効果が見込めないわけではありません。
一般的に複数回通いながら段々と毛を弱らせていく形で脱毛が進行していくのです。

また回数がかさみやすいからか費用は安めとなっています。

レーザー脱毛は出力が強いため短期間で成果を確認することができます。
ですが費用は高く、処理をする際の痛みも強くなる形です。

いずれにしても安全な処理方法

光脱毛もレーザー脱毛も安全な波長の光を使用しています。
やや可視光線を外れた波長を使うこともありますが、それでも可視光線に近い赤外線なので過剰に恐れる必要もないでしょう。
残る問題は出力ですが、それもきちんとクリアされています。

まずサロンでは低出力のものしか扱えませんし、クリニックでもきちんと免許を取得しなければ高出力のものを扱うことはできません。
つまり高出力のレーザー脱毛器があるならそれは厳格な管理の下で使用されているということです。

安全であることはほぼ間違いないので、後は費用や期間で比較していくと良いでしょう。
安めで長期間通うなら光脱毛、高くても良いから短期間で済ませたいならレーザー脱毛を選ぶと良いかもしれません。