脱毛前の自己処理で肌荒れ?!これって何?

脱毛前にはほぼすべての脱毛サロンと言ってほいほど自己処理を行ってくるように規則で決められています。
そんな自己処理で肌荒れが起きてしまうのですが、これは一体どういったことが原因で起こるのでしょうか。

毛嚢炎って何?

毛嚢炎とはこの漢字から何となくイメージがつくかと思いますが、毛穴に細菌が入って皮膚が炎症を起こすというものです。
例え脱毛サロンへ行く前であってもある程度きれいな状態で行こうと思い、毛抜きで毛を処理したりすると毛穴が当然開きます。

そこから細菌が入って、こういった状態を引き起こし肌荒れとなってしまうのですがこれは脱毛サロンへ通っていない人でもよくあることです。

かゆみや赤みが出てくる

カミソリなどで自己処理した時に、かゆいと思うことはよくあるでしょうし、それをかいたら真っ赤になってしまったなんて経験を持つ方は少なくないでしょう。
これらはすべて処理する前の行程が悪かったと言えます。

シェービングクリームを塗っている方であってもそれが十分でなかったとか、そもそもそれを塗らずにしかも肌に水気を含まずにシェービングしてしまったらほぼ必ずと言ってよいほどこういった結果になります。

お肌の乾燥は大敵

ムダ毛処理する際、カミソリを用いている方はもちろんですが電気シェーバーであっても当然肌に負担はそれなりにかかります。

シェービングクリームや除毛剤などを使用せ是にこれを行うことで、お肌を傷つけ、痛みや赤み、それにひび割れなどを引き起こしてしまうかの性が高くなるのでお肌を保湿した状態で自己処理するのがベストです。

自己処理で肌荒れはよくあること

自己処理で肌荒れすることはよくあることですが保湿をしっかりしたり、衛生面を保てばこういった事態は防げます。
脱毛サロンへ行く前には自己処理がマストですが、しっかり脱毛できるよう事故処理の仕方もぽいんとをおさえておきましょう。