未成年の人がレジーナクリニックで脱毛するのに必要なものとは

レジーナクリニックでは永久脱毛が期待できる医療レーザー脱毛を行っています。
殆どむだ毛が再生してこないのが良いところですね。

若い世代中心にクリニックで永久脱毛する方が増えていますが、未成年の場合は注意が必要です。
それは未成年がクリニックと契約する際、必要になるものがあるからです。
準備ができないと契約ができず、施術が受けられない事がありますよ。

契約する際に準備が必要なものとは親権者の同意書、サイン、捺印の3つです。

親権者の同意書とは?

なぜ親権者の同意が必要なのか、それは民法が大きく関係しています。
民法により法定代理人(多くのケースで親権者)の同意のない未成年の契約は取り消しができる事になっています。

未成年が料金支払い済みであった場合、請求されると返還しないといけません。
取り消しが認められると支払いの義務も無くなります。
未成年者でも法定代理人でも取り消しの手続きが行えます。

クリニック側では後で契約取り消しといったトラブルになるのを防止するため、親権者の同意を求めているという訳ですね。

レジーナクリニックのホームページにて同意書のダウンロードができます。
pdfファイルとなっており、ダウンロードした後はプリントアウトしておきます。
1枚の用紙に収まるようにプリントアウトして下さいね。

未成年の氏名や生年月日や住所を記入した後、親権者に住所や氏名や続柄などの記入と印鑑を押して貰って下さい。

同意書の必要事項に記入していくだけだから難しくないですよ。
親権者に内緒のまま、自分で勝手に記入し、印鑑を押してはいけません。

後でバレてしまうと大変なので必ず同意を求めて下さい。

未成年での支払い方法は?

クリニックで脱毛する時に気になるのが幾らかかるのかですよね。
成人になり働くようになれば一定以上の収入があるはずです。
その収入から脱毛料金の支払いができますよね。

しかし未成年の場合はアルバイトで働いていても収入が少ない事がありました。
高額な脱毛料金が発生するのでは支払いできるのか心配になるのではないでしょうか。
レジーナクリニックでは現金、クレジットカード、医療ローンと3つの支払い方法を用意しています。

未成年でも基本的にはこの3つの支払い方法からで大丈夫です。
現金払いでは難しいという時に便利なのがクレジットカードですね。

レジーナクリニックではVISAやMASTER、JCB、AMEX、DINNERSと様々なクレジットカードに対応しています。
クレジットカードの年齢は18歳以上(高校生は除く)という場合が多くなっており、18歳以上であれば未成年でも作成ができますよ。

中には学生用のクレジットカードもあるため、学生さんでも作成しやすいです。
現金払いが難しいけどクレジットカードは持っていないという時に便利なのが医療ローンです。

レジーナクリニックの全身脱毛5回コースでは189,000円の脱毛料金が必要ですが、医療ローンなら月額6,800円で支払いできますよ。

ただし医療ローンを利用するには審査に合格する事が必要です。
成年の契約と違い、未成年の場合は保証人が求められる事がありますよ。
保証人は親権者になって貰う事ができます。

未成年だと本人名義で医療ローンを組めない事がありますが、親権者名義なら組める事があります。
その他にも注意したいのが医療ローンを組むとローン手数料が発生するという点です。
現金払いするより、ローン手数料の分だけ脱毛料金が高くなりますよ。

クレジットカードも医療ローンも難しい、手持ちの現金も少ないという時は親権者に借りられるか頼んでみると良いでしょう。

現金払いなら医療ローンと違い、ローン手数料の心配はありません。

契約する時に親権者の同伴や電話連絡は必要?

未成年の独断で契約する事ができないため、親権者の同意書を持参し、レジーナクリニックに来院して下さい。

この時に気になるのが親権者の同伴が必要なのか、親権者に連絡が入るのかですよね。
未成年の場合は成人と違い、判断力が未熟です。
そのためなるべく親権者に同伴して貰い、レジーナクリニックにて一緒に説明を受けた方が良いです。

親権者から借りて脱毛料金を支払いする場合はなおさらです。
中には親権者が仕事などで忙しく、中々同伴できないという場合もありますよね。
そんな時はレジーナクリニックにて契約する時に親権者への電話連絡で確認が取れれば大丈夫です。

つまり親権者の同伴、または電話連絡のどちらかが必要という訳ですね。
電話連絡して貰う時は繋がらないと確認が取れなくなるため、レジーナクリニックに来院する前に親権者にきちんと説明しておいて下さい。

レジーナクリニックのカウンセリングでは施術方法や脱毛料金、メリットやリスクなど様々な説明が受けられます。
分からない事があれば質問しておきましょう。
その場で契約するかどうか判断に迷った時は親権者に相談して下さい。
同伴して貰っていればすぐに相談ができますよね。

このように未成年の契約には何かと縛りがあるのです。

未成年を守るために設けられているため、面倒臭がらずにきちんと手順を踏んで下さいね。

レジーナクリニックTOP